2018年01月05日

富士山と富士五湖の旅




IMGP3485.JPG


30日から2日まで、静岡、山梨の富士山旅行へ。
羽田から新幹線で三島へ。ここからレンタカーで富士山を東側から一周する予定。



IMGP3309.JPG


富士サファリパーク。



IMGP3283.JPG



IMGP3290.JPG




IMGP3289.JPG


もうね、迫力がハンパやなかったです・・・(笑)
鳴き声がカッコ良かった。


IMGP3300.JPG



IMGP3294.JPG



IMGP3299.JPG




IMGP3314.JPG


色々動物おったけど、やっぱりこういう子らが好きです・・・。ホッとする(笑)



IMGP3325.JPG


富士五湖巡りのまず一つ目。
山中湖では、水陸両用車に乗ったり。


IMGP3317.JPG


湖に飛び込む前。



IMGP3319.JPG


飛び込む瞬間。



IMGP3320.JPG



船状態・・・。


IMGP3323.JPG


31日は天気が悪くて残念。
ワカサギ釣りのボートが浮かんでました。




IMGP3338.JPG


元旦。
目覚ましを掛け、6時半には宿泊所を出て、山中湖に日の出を撮りに来たら、もうすでにクルマで一杯。
ギリギリ間に合いました。



IMGP3331.JPG



昨日、雲に隠れて殆ど見えなかった富士山がこんな近くに・・・。
ペンションの玄関を開けた瞬間から富士山が見えて、クルマで山中湖まで降りてくる間、興奮しっぱなし。
気温がマイナス4℃とかだったけど気にならなかった。



IMGP3368.JPG



間近で富士山を見たことがなかったので、こんなにキレイに見えて感動・・・。
日の出も済んでみんな帰っていたけど、飽きずにずっと見てました。



IMGP3398.JPG


初詣は、忍野神社。


IMGP3401.JPG



ここからも綺麗に富士山見えます。


IMGP3404.JPG



ごく自然にニジマスが泳いでいる。



IMGP3412.JPG


アルビノもいっぱいおったし。


IMGP3415.JPG


湧き水の豆腐。




IMGP3418.JPG



二つ目の河口湖からの富士山。
ここは観光地化がすごくて、人が多かった。
あんまりゆっくり出来んので、写真だけ撮って通過。



IMGP3425.JPG



3つめの西湖からの富士山。
手前の森が、青木ヶ原の樹海。
たしかに、人間を寄せ付けない感が凄い。



IMGP3435.JPG



雲が掛かってもまたいいね。


IMGP3439.JPG



IMGP3444.JPG



IMGP3450.JPG



4つ目の精進湖。



IMGP3458.JPG



最後は本栖湖。
一番人の手が加わっていない、自然のままの湖らしい。
水深も121メートルもある。水の色が濃く、ほかの湖とは違う。



IMGP3458.JPG



見る場所によって富士山の岩肌が全然違う。



富士五湖には入ってないけど、番外編で田貫湖。



IMGP3463.JPG


初釣りの釣り人かな。
いい絵になりました。


IMGP3381.JPG




天気も良く、思い出に残るいい旅になった。
富士山のパワーは凄まじい。
posted by びー at 22:10| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

沖縄



IMGP2621.JPG



IMGP2623.JPG


IMGP2625.JPG



IMGP2643.JPG




IMGP2630.JPG



IMGP2637.JPG



IMGP2640.JPG



IMGP2644.JPG



IMGP2645.JPG



IMGP2648.JPG



IMGP2647.JPG



IMGP2650.JPG



IMGP2657.JPG




IMGP2654.JPG


IMGP2670.JPG



IMGP2664.JPG



IMGP2678.JPG





posted by びー at 21:55| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

長州へ 2

IMGP1288.JPG


明くる日、萩市内の松陰神社へ。


IMGP1291.JPG


有名な松下村塾。
ほんとに小さい。


IMGP1294.JPG



IMGP1299.JPG


ほんの150年ほど前、松蔭に教えを請う為に、志のある志士たちがこの敷居を跨いだのだろう。


IMGP1303.JPG


IMGP1306.JPG


松蔭の「来る者拒まず」の方針。
どんな身分の者でも、学びたいと言ってくれば、入塾を許した。
人の縦関係を否定する松蔭は、師弟という表現を避け、弟子たちの事を「友人」と呼んだ。
松蔭のこういう人柄が人々寄せ付けた。



IMGP1334.JPG


松蔭の実家となる杉家の母屋。松蔭の父は杉百合之助。
吉田松陰の吉田の姓は、叔父、吉田太助の養子となった日から。


IMGP1312.JPG


IMGP1313.JPG


IMGP1317.JPG


松蔭が野山獄を出た跡、幽囚した家でもある。



IMGP1319.JPG


松蔭神社。



IMGP1349.JPG



父、百合之介の末弟、叔父、玉木文之進宅。


IMGP1352.JPG


IMGP1354.JPG



松蔭が養子となって入った叔父の吉田太助は次男となる。

松蔭が小さい時に叔父の太助が無くなったので、幼いながらも吉田家を受け継ぐ身となり、
玉木文之進が幼少の松蔭を厳しく教育していった。



続く。
posted by びー at 21:51| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カウンターカウンター